ネット総合病院のプロペシアは正規品なのか?

プロペシアとは、日本の厚生労働省が承認している飲む育毛剤です。
男性型脱毛症のAGAに効果があり、現在クリニックで診療を受けると、ほぼ間違いなくこの医薬品が処方されます。
有効成分はフィナステリドですが、このフィナステリドには毛乳頭に影響を与える男性ホルモンの生成を邪魔する力があるのです。
この薬は、ある意味偶然によって髪に効果があることがわかり開発されたという医薬品です。
もともとは前立腺肥大症の治療のために開発された医薬品だったのですが、処方された患者の中に髪が増えた患者が多く出現したことで注目されました。

前立腺肥大症に悩んでいる男性よりも、薄毛に悩んでいる男性のほうが多いのですから、開発したメルク社にすればたなぼた的な展開です。
現在では、世界60か国以上で承認を受けて販売されているのですから、メルク社にとってはドル箱的な存在でしょう。
ですが、薬の開発自体は、それほどスムーズに言ったわけではありません。
巨額の開発費用がかかったということで、日本で処方されるプロペシアの価格は驚くほど高いことで有名です。
1日に300円程度ですから、無理をして節約すれば何とかなるとはいえ、1月で約1万円の出費はこの物価高の昨今、かなり痛い出費であることは確かでしょう。

日本で育毛を専門にしているクリニックはすでに3万か所以上にのぼるといいます。
しかも、18万人から19万人が処方を受けているそうです。
ところが、これでも普及率は20%程度と、先進国諸国ではダントツに低い数字になっています。
これだけ普及率が低い理由は、価格が高いことと、クリニックに行って処方箋を書いてもらわなければ処方してもらえないという煩雑さによるものが多いのではないでしょうか。

この2点を解決したいとお考えなら、ネット総合病院で医薬品を手に入れることをおすすめします。
医薬品の値段は1つではありません。

海外にはリーズナブルな正規のプロペシアもあるのです。
その海外で販売されている医薬品の購入を手助けしてくれるのが、個人輸入代行業者のネット総合病院です。
個人輸入であれば、海外の医薬品を、日本にいながらにして手に入れることができます。
しかも、処方箋などを用意する必要もありません

実際に入手した記録動画がこちらです・・・ネット総合病院はプロペシア・評価と口コミ

下記画像は届いた荷物
boxbox

価格はそれぞれの製造国によって違いますが、安いものになれば5000円程度ですから、円安による割高さがあったとしてもクリニックで処方してもらうよりもずっとリーズナブルです。

製造しているのは間違いなくメルク社の子会社なのですから、効果が何か違うというようなことはありません。
ネット総合病院であれば、気になる価格も、クリニックに行かなければならないという面倒さも解決することができます。
そのため、ここ数年で、ネット総合病院を利用しているユーザーはうなぎのぼりの状態です。
もし、プロペシアは続けたいけど、価格や手間がかかるとお悩みならネット総合病院のサイトをご覧になってみてください。
続けて治療ができる納得の結果がわかるはずです。

Comments are closed.

Post Navigation